「今さら」なんてない

「自分にもできそう」を伝播させるブログ

価値観を残すツールとしてのたすくま

年に1-2回くらい、たすくまのプロジェクトを振り直している。

個々のプロジェクトから始まり、 モード、評価などの軸レベルで変遷を繰り返してきたが、今一度「評価軸」をプロジェクトに当ててみようと思い立った。

「モード軸」から再び「評価軸」へ

7つの習慣』の4つの領域からなる評価マトリクスを当てていたことは過去にもあった。

が、サマリーレビューがアテにならないとかで、だんだんレビュー自体が疎遠になっていくと、フィードフォワード型の「モード軸」に変更いくことになった。

しかし、モード軸は結局あまり役に立たなかった 項目の選定が悪いのかもしれないが、頭脳労働か単純作業かなど、その時々のコンディションなどどうでも良くなってきた。

「今できること」が大事な時ももちろんあるが、 「今すべきこと」の方が、やはり効果的に自分を動かすことができるんじゃないか?

仮に疲れ果てているときにこそ振りたいタスクはタグにその旨のコンテキストを施せば良いはず。


過去に評価軸で挫折した要因

以前に評価軸で挫折した要因として、

  • 急ぎなのか
  • 重要なのか

の仕分けが分からなくなってきて面倒になった。

今は重要だと思っていなくても、後から実は重要だったと意味づけを変えることになるかもしれない。その時は過去のログの振り直しも必要なのか?」

など、「今」以外の価値観や手間などに無駄に苦慮し過ぎていた。


価値観を残すツールとしてのたすくま

今回一皮剥けたのは、「今は重要でないと判断したこと」という価値観のログも残せるのだということに気づいたこと。

逆も然りで、今と未来とで捉え方が変わる経験を積み重ねていくと、取るに足らないことにも将来性を感じることができて今のモチベーションを上げられるとか、一時の気分の高まりに惑わされず冷静に対処できるようになるとか、そうした成長も得られるかもしれない。

役に立つ指針とまでいかなくても、「あの頃はこういうことを重要だと思っていたのか」など、過去の自分の価値観を振り返るだけでも面白いかもしれない。

アイデア製造システムとしてのたすくま

先日知った「コンテキスト」を扱うことについて、最近いいなと感じたことをまとめた。

フィードフォワード型コンテキスト

すきま時間や、場所、気分、体調等による最適な条件を検索キーとして候補タスクをあぶり出す、最近読んだ色々な記事の趣旨をまとめたものは「フィードフォワード型コンテキスト」と名付けることができるだろう。

フィードバック型コンテキスト

たすくまのタグには

  • idea
  • あとでとりだす

などが入れてあり、こういったレビュー型のタグとかの情報を 仮に「フィードバック型コンテキスト」と名付ける

このただのログというかタグをコンテキストと呼んでよいものかわからないが、 フィードフォワード型もフィードバック型も、タグのみ抽出して、例えば時間帯やそのタスク名にある程度の法則が見えてくるようになる為、ログが結果的にコンテキストと呼べるようなものに成長していく感覚があるのでコンテキスト予備軍的な意味で命名した。

イデア製造システムとしてのたすくま

僕は仕事帰りの徒歩の時間にアイデアを思いついたり、やるべき事を思い出したりすることが多い。(というか最近はほぼ毎日何か思いついてたすくまに投げ込んでいる)

ということがわかってくると、これまで帰り道でラジオやオーディオブックでインプットに当てていたことを積極的に止める判断がつくようになった。

逆にアウトプットモードになっていないところを積極的にインプットタスクを入れる判断がつく。

その差は耳しか空いていないときが多い。

洗濯物を干しているときも思いつくことはあるが、コメントレベルのサイズしか残せない。

10分程度ガッツリ音声入力で残せるのは、手が空いている時よりも口が空いている時だ。


この用途を叶えるメモアプリは「たすくま」1択だと思う。 いつ、どのタスクを実行しているときに思いついたか、その思いつくまでの流れ方法関連付けられるからだ。

このことは、佐々木正悟さんが既に提唱していたが、最近ようやく身をもって実感できるようになった。

アルキメデスは風呂の中で浮力の原理を発見し、~(中略)~、数学者ガウスは、「1835年1月23日、朝7時、起床前に発見」と言うメモを残している。

これらは何を意味しているのか?
イデアはとんでもない時に脈絡もなく現れると言うことか?

そうではない。
風呂に入った人はだれでも体が軽くなるのを経験するし、ニュートン以前にリンゴが落ちるのを見た日人間はいくらでもいた。しかしそれらの人々は、浮力や万有引力に思い至らなかった。問題は、他の人でなくなぜアルキメデスであり、ニュートンだったか、ということである。ニュートン自身でさえ、子供の頃からリンゴが落ちるのを何度も見ていただろう。だから、正確に言えば、問題は、「なぜ、その時のニュートンだったか」である。

「超」整理法―情報検索と発想の新システム (中公新書)

「超」整理法―情報検索と発想の新システム (中公新書)

おまけ:英数字かひらがなを使う

前にも別の記事で書いたと思うが、タグやタスク名等の検索キーとしての振る舞いをさせたいものについては、

  • ひらがな
  • 英数字

を持たせることをお勧めする

漢字や記号のみ妥当変換するまでサジェストが出てこないからだ ひらがな一文字でもヒットすれば選択肢がサジェストされる

物事の裏側まで考えることへの楽しみを伝えたい!

今回のひらめきラジオお題は 「頑張ってしまったこと/頑張らなくても上手く行ったこと」

「物事の裏側を考えること」について、昔と今で180°変わったことについてまとめてみました。


前置き

はじめに:今回の回答の狙い

最近、語彙の定義の確認や自分の意図を書き出してから本文を始めるスタイルをとることが多くなったので今回も。

こうした前置きや意図を含めて、

  • 現在の自分の思考を形に残しておくことで、未来の自分を面白がらせたり
  • 過去の自分と同じ様な悩みや課題を抱えている他の方にも、再現性のある形で伝えたい

というのが趣旨になります。

特に今回は、 時間やきっかけ次第で変えられるものにしたので、


お題回答の要件定義

「頑張ってしまったこと/頑張らなくても上手く行ったこと」について、 単に独立したエピソードを列挙するだけでは物足りないと感じるようになってしまったので、

  • 2つの現象ができるだけニアリーイコールで、
  • わずかな差が大きな差になっていて、
  • オチが自明でなくて、
  • 再現性のある学びが得られる

という要件を決めて取り掛かりました。

するとマインドマップにネタを書き出している途中で、そもそも複数の事象ではなく同一の事象についてフォーカスできるネタがあることをひらめきました!


メイン

昔:頑張り方すらわからなかった

昔は比喩表現への理解は愚か、直接表現の読解すら頑張ってもできなかったし、頑張り方もわかりませんでした。

昔から国語や社会が苦手で(興味もなかったし)、大学受験についてはセンター試験の国語をカウントしない学科だったから受かったようなレベルで、国語の問題でよくある、

  • 心象表現や感情の理解とか
  • 小論的な文章の要約、狙いをつかむこと

がさっぱりできなかったのです。

以前、こちらの記事でも触れましたが、「日本語ができればできる」という、何の役にも立たないどころか頑張らせることさえ妨げる呪いの言葉によるものです。


今:表層だけを見られなくなった

一方、今は(学生時代から)物事の表層だけでなく、むしろその裏側に潜む背景や物語、仕組み、例え、意図や意思、思想等を自然と考えてしまうようになってしまいました。(素晴らしい)


自分のブログからもいくつもこの傾向が見てとれます。

例えばこちらの記事では芸術作品に対する比喩表現や意図、時代の流れについて触れており、 yoshino-ya.hatenablog.com

もうひとつ、こちらの記事では(今回のネタの引用のためにまとめたのですが)カップ麺1つ1つに各メーカーの意図や生き様を見て感動する、という変態思考が楽しくて仕方がないという思いの丈をぶちまけています。


などなど、仕事でも表層のテクニックよりも意図や思想、背景などを勘ぐったり伝えたりする方にシフトしていっていることが昔と明らかに変わってきています。


その違い、分岐点になったのは何か

今回、マインドマップにネタを書き出している途中、すぐに「学生時代のサークル活動である」とわかりました。

大学生から始めた合唱が分岐点です。

そこで「詩」に触れることになりました。 単に詩を読んだり、歌詞を聞いたりするだけでなく、

  • どんな話で
  • どんな背景で
  • 何を例えていて
  • どんな山や谷があって
  • どこが聴かせどころなのか

等、アウトプットモードで、熟考する習慣がついたことは今思い返すととんでもない遺産になっています。


そこで重要だったのは先生や先輩、同級生や後輩の存在です。

それまで自分になかった考えや価値観をインストールしたり、芽生えてきたものを育てていく、良いディベートができました。

彼らこそ僕にとって最初で最大のインキュベーターです。


とはいえ、再現性を考えると、そんなインキュベーターはすぐに見つかるもんじゃありません。

1人でも物の見方を変えられる方法もあります。

「本」です。


水平展開

本からも「物の見方」はインストールできる

この文脈で一番オススメなのは佐藤優 著『読書の技法』です。

学生時代に初めて読んだとき、クレヨンしんちゃんに対する物の見方が「この人、相当ねじ曲がってるな」と感じたのですが、今では職場の方から「相当ねじ曲がってますね。でもスゴイです。」と言われるようになった。

そのクレヨンしんちゃんに対するものの見方というのがこちら

しんちゃんが通うあくしょん幼稚園は「社会の縮図」、家庭や幼稚園での人間関係は「人間と人間の関係の縮図」として読むことができる。・・・(中略)・・・それは幼稚園でのストレスに加えて、母親の吸引力があまりに強いからだと筆者は考える。母親のみさえにとって、しんちゃんは自分の延長であり、彼を自分の思い通りに育てようとしている。ユング心理学で言うところの「グレートマザー」だ。しんちゃんにとって本当の友達は犬のシロだけではないだろうか。

細かい話が思い出せなかったのでこちらの記事からお借りしました。 www.widesoft.co.jp


もはや何からでも物の見方は学べる

深掘りはしませんが、作品の解釈ブログなどから他人から考え方のヒントを得られたり、作品そのものが分かりやすく例えていることも少なくありません。

ハリー・ポッターシリーズやピクサー映画など、大人同伴を狙った子供向け作品はめちゃくちゃ分かりやすいですし、自分が幼少期に観た作品を思い返すだけでヒントが得られることも少なくありません。

yoshino-ya.hatenablog.com


まとめ:物の見方を変えるには

3行にまとめるとこうなります。

  • 人や本、映画、漫画、アニメ、他人のブログから価値観や考え方をインストールする
  • 好きなものを掘り下げまくる
  • アウトプットモードで、背景や意図などを熟考する


回を追うごとに難題化していくひらめきラジオ、最近は内容の深掘りよりもネタの選定が難しいです...

タスク管理用語をお借りすると「タスク実行管理」より「タスク発生管理」の方が上流になります。

HowからWhat、Whyへ

jさんF太さんならそんな上流向けの変遷も意図して僕らを導いてくれているのかもしれませんね。

100円で感動する方法

学生時代、カップ麺が好きすぎて 各社各品食べ比べているうちに見えてきた視点があります。

  • どんな人に向けた
  • 何を狙いとした
  • どんな時のための商品なのか

こんなことを考えながら食べることを楽しみにしていました。

(正しいかどうかの検証はしていません。あくまで個人の感想です)

日清:王道 定期的にここに帰ってくる

カップヌードル(僕はシーフード派)を代表とする、ラーメン博でいう「志那そば」的なポジションで、僕が学生の頃は真面目&王道で、奇をてらった・癖のある他社品を食べていくと定期的にここに帰ってきたくなる様なポジションでした。

最近は「有名ラーメン店●●監修」みたいなタイアップで一杯¥200~300するめちゃ旨カップ麺は広く普及していますが、「ラ王」や「麺の達人」という、ジャンプの鳥山明井上雄彦みたいなヤバい画力のデンドロビウムみたいな、カップ麺はショボいみたない常識を超えた超一品をどこよりも早く世に送り出したヤバい会社です。

そんな老舗もついに時代の変遷に乗るべく、(主にチキンラーメンが)ガッキーとのCMやキムラーなどふざけた方向で売り込んできましたが、あのひよこちゃんの予告ツイートから、大きくぶっ込んできたなぁ、学生の頃からまた時代が大きく変わったなぁと感じた事件(笑)でした↓

curazy.com

老舗のこの悪ふざけは、凝り固まった大人に大いに喝を飛ばしてくれたことでしょう!

エースコック:質より量 とにかく腹を満たしたい時に

小学生の頃から大変世話になったスーパーカップ1.5倍

本来、袋麺が食事用でカップ麺はおやつ用、という区分けのせいでカップ麺はお腹を満たすには物足りない、というところを増量してきたトップバッター。

このCMの中毒性は凄かった。。。 www.youtube.com

とりあえず腹を満たしたいときは今でも当時の体験を思い出したくてつい買ってしまいます。


しかし、最近のスーパーカップは美味しくなって鬼に金棒と化しましたね。 その転換期は「JANJAN」だと睨んでいます。(勝手に)

www.acecook.co.jp

ペヤング(まるか食品):ジャンクの極み、達成感を体験したい時に

1.5倍では足りない、2.0倍だ!

昨年、4.0倍が出ましたね。

www.peyoung.co.jp


ペヤングは何を売っているか


達成感です。

昔見たTVで茂木健一郎ラーメン二郎を食べてそうコメントしていました。


学生時代、2.0倍では飽き足らず6.0倍界王拳(3箱)に挑戦したことがあります。

胸焼けや血糖値の急上昇によって頭がおかしくなり、周囲とケタケタ笑いながら苦しい思いをしながら食べ進め、最終的に意識を失ってしまい、3箱目の途中で終わってしまいました...

たった600円で、全身全霊で心身の限界まで遊べるってスゴイよペヤング!!!

明星:ちょっとしたご褒美に

小学生の頃、旅行中にホテル最寄りのコンビニで買ってもらって、あまりのウマさに感動したのは今でも鮮明に覚えてい「明星一平ちゃん夜店の焼きそば」

www.myojofoods.co.jp

その時の体験がそうさせているのかもしれませんが、一平ちゃんのみならずチャルメラも何かと少しお高くて洒落てるイメージなんですよね。非日常を味わいたいときは明星に手を出していました。

(少し脱線しますが、お金のない学生はカップ麺も弁当も買えません。ひたすら自炊です。なのでカップ麺を食べること自体が非日常であり、明星食品商品はその非日常の中から非日常オブ非日常というとっておきのチョイスなのです。)

マルちゃん(東洋水産):勝負所のメリハリに感動

「あつあつ豚汁うどん」は学生時代に感動した一品です。 www.maruchan.co.jp

何がスゴイかと言うと、まず野菜のドライ加工技術がハンパないんです。

ごぼうが美味い!お前のおかげでこの一杯が豚汁たり得ていると言っても過言ではありません。

加えて東洋水産全般に言えることですがスープが美味いんです。


日清の「ラ王」や「麺の達人」で麺の品質に関して長らく越えられない壁があったのでしょう。そしてそれを超えられないと見切りをつけたのでしょう。

「わかった...麺はお前らに譲ろう...」

「...だがスープと具材は譲らん!!!」

その生き様に感動したのです。

自分の強みと勝負所の駆け引きに乾杯、と最後の1滴まで豚汁を飲み干すのです...


...


そして満を持しての登場、

マルちゃん正麺」です。

これはもう映画を見ているようでしたよ。


まとめ:物事の奥を想像することで物事をしゃぶり尽くす

さて、厳密には100円ではなかったものの、極めて安価に感動する楽しみ方をつらつらと書き連ねてきましたが、いかがでしたか?

飽食のこの時代において、「ただ食べる」だけではなかなか満たされなくなってきているので、改めて心を満たす食について考えてみてはいかがでしょうか?

最近はたまに食べるレトルト食品やコンビニの冷凍食品に感動してばかりです。子育てによる外食疎遠化がさらに加速しますね。良い意味で。

指の動線を分析してiPhoneホーム画面用の背景を作ってみた

昨日、ららしあんさん の面白いツイートを拝見

さっそく使ってみたのですが、何かしっくりこない。。。


作者記事にも説明がある通り、 右手親指での操作領域をベースに作られていました。

t.co


自分の手の動きや範囲を煮詰めていくと、
僕は左手親指がメインで
次点が右手親指
その次に右手人差し指
という使い方をしていたんですね。
(そんなこと昨日まで意識したことなかったです)


デザイン上の帳尻合わせも兼ねて
左手親指を少し伸ばした範囲を追加するとこうなりました。

なんかGoogleっぽくなりました笑


まだアイコンの配置はしていませんが、 上の空白をFOLDERが固定として、あとはタスク管理やブラウザ、メモ帳など使用頻度やグループなど仕分けていけたらと思います。

たすくまにコンテキストを導入してみる

「コンテキスト」って
聞いたことあるような分かってないような

放送内では、

タスク管理の用語集で言うコンテキストとは、
辞書的な意味では 「いかなる状況でそのタスクが実行されるか」 を示す概念

とのことです。

コンテキストについて

ほかにもコンテキストについて深掘りしている方々が多数いらっしゃるようで、それらをまとめてくださっているこちらの記事では、

「そのタスクを実行できる状況」

具体的には「時間帯」「場所」「道具」「人」「イベント」「やりたいかどうか」「自分の調子」

といった「絞り込みワードのようなもの」とまとめられていました。

なるほど、と頷いた所で閃いたので忘れないうちに残しておきます。


たすくまでコンテキストって?

結局連携が面倒で他のツールがなかなか続かず、Googleカレンダー程度しか残っておらず、意気揚々と導入したExcel版のTaskChute2も今ひとつ僕の現在の業務形態には合わない時間が多いので早々にたすくまに戻ってきています。

  • タスクペディアで言う「いつか」とか「未到来」とか
  • 疲れてる時でもできるレベルのタスクとか
  • やる気がないとできないタスクとか
  • 特定の道具や場所を要するタスクとか
  • 特定の人に関する用とか
  • 100均で買う物とか

こんなやつらはたすくまの「遠い未来」(1年後とか極端に)に入れておいて、
タグで状況とかのコンテクストを検索キーにしておけば、パッと取り出せるかも

トイレの回数を数えている方が1日の終わりのセクションにリピートタスクとして入れていたのもこれと似た話なのかも

トイレも数えてみようかな


あ、人に関してはタスク名で十分だし適切だろうな

Taskuma --TaskChute for iPhone

Taskuma --TaskChute for iPhone

  • Sayaka Tomi
  • 仕事効率化
  • ¥3,600

「何度生まれ変わっても自分になりたい」という思いが守護霊になるんじゃないか

「何度生まれ変わっても自分になりたい」


もしも輪廻転生なんてものが実在するとしたら、

もしも前世の記憶や意志を(無意識下でも)引き継ぐことができたとしたら、

何度も自分の人生を体験して、 強くてニューゲームを重ねて行ってるんじゃないか?


ハリーポッターが自分を守ってくれていた守護霊は父親だと思っていたが、未来から来た自分だった、みたいな。

「他人が守護霊」もあるかもしれないけど、
「自分が守護霊」ってあるんじゃないか?

鴨さんは別の公演でもご自身に守護霊が憑いている可能性について触れられていますが、この発言から、守護霊は自分自身なんじゃないか、と思うようになりました。

だからセルフイメージを上げていこう。