「今さら」なんてない

「自分にもできそう」を伝播させるブログ

チーム作業のススメ

リンクのラジオの「過去の自分の勝ちパターンを応用せよ」という議題について、僕はズバリ2人でタッグを組んでで共同作業するというのが1番これまで強かったんじゃないかと思います。

もちろん場合にもよりますが、二手に分かれてやるより、一緒にやった方が2倍以上の力が出せた経験がすごく多いんですよね。

得意なチーム単位が2人なのか3人なのか、10人なのか等、人それぞれとだ思いますが、おそらく場面や利点としては下記の共通項目に集約されるんじゃないでしょうか?

例1:作業間の移動が無駄な場合

大型機械の先端に部品を取り付ける作業があったんですけど、先輩が運転して僕が先端の方で操作指示を出す役回りでいつも2人で作業していました。

最初は声も届かないので意思疎通が難しいんですけど、少しずつ阿吽の呼吸が取れるようになってくるんですよ。

この2人での成長感お互いの能力を引き出し合ってる感覚は嬉しいものですね。

これを1人でやろうと思うと、運転席に移動→操作→降りて先端の方に移動して→微調整幅を見て→また運転席へ、みたいなすごく無駄が多いんですよ。

大型機械でなくても、状況を観測・記録する人と手を動かす人でコンビを組む例なんかも多いです。

場面2:正解像が不明瞭な場合

各々のやり方で進めてから後でマージしようとすると上手く噛み合わない経験ってよくあると思うんです。

2手に分かれるまでにお互いの方向性を共有するフェーズは序盤に設けるべきです。

利点:1人の時より良い緊張感が増す

大型の機械や実験じゃなくても、デスクワークとかでもぜひ2人でやるべきだと思うんですよ。

単に時間的なプレッシャーでエンジン回転数上がりますし、下準備などの気遣いが一人の時より増して、成果物の質が上がることが多いです。

利点2:スキル共通・切磋琢磨

互いのスキル共有ができるっていう強みがあのあるんですよ。

  • 単純作業まで落とし込んであげた後の速度ヤバイwww

  • その発想はなかったwww

  • 今の動き何?!

みたいな、「こいつすげえな」っていう場面に出くわすんですよ少なからず。

コンビやチームとして切磋琢磨できる要素があるので、先輩後輩問わずコンビを組む事をオススメする一番の要因はこれです。

まとめ:実践おためしあれ

究極、性格とか所作レベルのスキルって、見て肌で感じながら盗むしかないので、そういう意味でも切磋琢磨できるのがいいので、

この場面はAさん、この場面はBさん、といったように場面場面で、この人がこれが強いからとか、ちょっとそこにいたからとかでもいいので(偶発的なチームを組むのも新たな発見になりますし)、まず2人から共同作業を取り入れてみて下さい。

今話題のPVマフィアに学ぶギブアンドテイクの精神

突如彗星のごとく現れた今話題の方

彼の手口を見て、勝手ながら、かつて僕に働き方改革の種を植えつけてくれた方(その話はまたまとめたいと思います)と似た匂いを感じ、行動意欲に火を付けてくれました。

結論として彼らの手法は

  1. 利他先行

  2. お金や価値を増やす工程を楽しんでいる

  3. 結局、当たり前のことを当たり前にやっている

この3つがベースにありますが、彼ら特有の影響力というか、彼らには読者の魂に火を付ける極意みたいなものを感じていています。

その名もズバリ

無料という先行投資によるプレッシャー

気がついたときには自分は既に投資をされている、応えなくては、というプレッシャーです。

ある意味有料講座よりも良いプレッシャーをかけられるところが凄い。普通はこうはなりません。どうやっているのかはサッパリわかりませんが、そういうオーラに鼓舞されています。

ということで実践宣言

彼の手法を実践するのはこれからですが、自分の表現の場や深さを増やしていきたいので彼や他の方のノウハウに学び、実践していきます。

これまでプロダクトアウト型で好き勝手にやっていましたが、まずはそこは守りつつ的を絞るところからでしょうか?

ただ、僕の場合はまだ絞る以前に自分の強みやニーズとの合致度みたいな分析が全然できていないのでまずはそのあたりからになるのかな?

あとはやっぱりもっと味方につける等の人脈形成ですかね。

発信が得意なりんださんという方は、分析が苦手とのことなので、だいちさんという強力な前処理役を味方に付けて自分の咀嚼Lv.を実質的に上げていらっしゃるので、こういう補強の仕方をしていきたいですね。

まずはそこに自分が何を提供できるかですね。(やっはりツール作成・紹介?)

こういう駆け出し?ペーペーの成長を晒し、後続者を強くてニューゲームさせる活動がこのブログの目的の一つですし、この伝播が彼への恩返しになると思っているので活動を加速させていただきます。

醍醐味を語るおっさんは素晴らしい

仕事でトラブルにぶち当たり、
色々踏み込んだ話に発展して
「うげー」と思ってしまう心理は
誰しも少なからずあると思います。
もっと単純作業でラクしていたかったとか。。。

そんな中、ある新人ちゃんに上司の方が

「この不具合の

  • 原因を考えて

  • 実験方法を考えて

  • 実験して

  • 狙い通りの結果を出す

この過程が醍醐味なんじゃないか。」
と語っている姿を見て、
(それが押し付けになってはいけませんが、)
やっぱり年長者の仕事って自分の好きな事を後輩に語る事だよなって改めて思いましたね。


他にもこの方、趣味なんかもガンガン後輩を誘ってイベントを起こしたりするエネルギッシュな方なのですが、そういう姿も良いなと思います。


少し脱線しますが、逆に若者の仕事は

  • 成長を見せること
  • しがらみの無さを武器に新しい考えを持ち込むこと

になるのかなと思っています。

子供の、大人にはない強さって身軽さだと思うんです。
責任とかプレッシャーとか、そういうブレーキなしでアクセル全開で爆走する力。

歳をとる度、色々なものを得ていく代わりにブレーキも増えていくんですよね。。。
特に若い方からエネルギーをもらう事が年々増えていっていますし、
逆に自分もエネルギーを発信していきたいとも思うようになってきました。


ちなみに僕の仕事の醍醐味は、
ソフトや道具、人の隠れた機能を引き出したり、
その為の道具を作ったり改造したりすること
です。

Workflowやたすくま、音声入力など、
この身一つでは不可能なことでも実現できる、
ゲーム画面ではなく現実世界で自分を変えられる感じがたまらなく楽しいんです。


みなさんは、仕事や人生のどこに醍醐味を感じますか?

押し付けにならない程度に、大いに語って頂ければと思います。

【Workflow】子供の成長記録 生後日数を添えてたすくまへ一言メモ

たすくまに「子供の成長記録」というリピートタスクを登録しているのでが、タスク名に一言メモを書くのでレポート送信時に日付がわからない問題が発覚しました。

そこで生後日数を添えてタスク名に一言メモを付けようという作戦です。

日数計算などはWorkflowの得意分野なのでサクッと作ってしまいました。

初期設定

  1. たすくまのリピートタスク名をコピペする

  2. お子さんの誕生日を入力する

  3. 生後日数をDays,Weeks,Yearsなど任意の形式で選択する

  4. それに合わせて最後のText内の(生後日数 日)の部分の単位を変更する

Workflowのレシピはこちら

https://workflow.is/workflows/c88d56c1c3594986a0a40551105f93d2

拡張したいこと

Workflowyで、月毎トピックに年タグを付けて何年も前の日記もまとめてらっしゃる方に見本を見せていただいたところ、凄く上手い仕組みだなと感動したんです!

ご本人の実際の運用方法はわかりませんが、Inboxなどから月毎トピックに整理する際、1,2年前などの情報もプッシュ通知の様に視界に入ってくる仕組みなんです!

この仕組みも取り入れたいと考えているので、MemoflowyのURLスキームも使ってWorkflowyにも送れるようにしたいです。

ただ、トピック指定までやってしまうとプッシュ通知的な機能が損なわれるのでどこまでやるか、さじ加減も考えながらのものづくりになりますね。

サブタスクの分解能アップ作戦

作戦1:音声入力の活用

今まで、やることを列挙する形式をとっていたんですけど、ちょっと見方を変えて、とりあえず頭の中で実際に手を動かして、シミュレーション結果を記録にしていくという方法を実験中です。

ただ、シミュレーション速度に対して記録速度が追いついてない感じがあるんですよね。

頭の中ではもう少し深いところまで細分化できているのに、実際のタスクリストへの落とし込みが外歯抜けだったりする原因なのかな?と感じています。

その対策として、書き出しの遅い自分を待つのは煩わしいので、シミュレーションメモ工程を音声入力でやってみる実験をやってみたいと思います。

誤字や誤変換は気にしません。頭の中の情報の要素数を減らさずにアウトプットできていることを重視します。

シミュレーションの威力

兼ねてから

  • 対話において受け答えの早い人がどういう頭の使い方をしているのか

  • 仕事のダンドリが上手い人はどうやっているのか

を考えていて、

一つの仮説として、テキストデータを瞬時にイメージ化しているのかなと思っていて、その訓練を積んでみると、受け答えは早くなってきた実感があります。ただダンドリについては多少の成長は実感していますがまだまだヌケヌケです...

作戦2:サブタスク名を完了形にする

もう一つ実験なんですけど、サブタスク名を完了形で登録するっていうのを1つ試してみたいと思います。

例えば「●●する」という名前のタスクがあったとして、それにチェックを入れるタイミングはいつなのか?

  • 実行し始めた時?

  • 完了した時?

タスク名によって結構わからなくなることや、それによって割込からの復帰先がわからなくなることがあるんですよね...

であれば完了形で書いておいた方が「●●に着手し始めた」と完了した時で一元化できる為です。

まとめ

最近、みんチャレという習慣化互助コミュニティアプリを通じて1日のスケジュールを以前よりも密に計画できるようになってきたのは一つ大きな収穫です。

小さな事でもアウトプットしてみることによって流れが大きく変わってくる実感が得られました。

その仕組みを利用しない手はありません。この様に実験開始ログすらアウトプットしていくことで自己開発を促進させて参ります。

オフシーズンに何をするか?

筋トレ?座学?自己分析?

高校生の頃、水泳をやっていたのですが、他にもオフシーズンで上記のような事をやっている部活は少なくないのではないでしょうか?

会社でこれをやっているか否かでシーズン中(繁忙期)のパフォーマンスもオフシーズン(閑散期)の充実度も大きく変わると思うんです。

長文になりますが、僕個人の経験談を例に挙げます。

自己分析

2m四方の流れるプールの底に置いた定点カメラで録画しながら泳ぎ、自分のフォームを振り返るんです。

振り返ると面白いんですよ。スラムダンク桜木花道が2万本シュート練習の際、自分の無様な姿を受け入れられないのとシンクロする事態になるんですwww

でも他人に「ここがこうなってるよ」って言われるよりも自分で自分の姿を見て、さらにはチーム皆で様々な切り口で指摘し合うと効果倍増です。

  • センターラインより腕がちょっとはみ出て軸がぶれて力が逃げてる→手の先が着水した後、センターラインを越えないようにしよう

  • 右の方が蹴りが強くて左がなんか弱いからまた軸がぶれてる→もう少し左頑張ろうかな

など、具体的な課題が簡単に見えてくるんですよね。

フォームを直すと何がいいかと言うと、泳ぐのが凄く楽になるんですね。400mを6分で回るサイクルがあるんですけど、入部当初は数本中にサイクルアウトしていたのが、フォームの見直しから1カ月くらいで5"30-5"45で10本泳げるようになったんですよ。単に体力ついてきたのもあると思うんですけど、やっぱり無駄がなくなってきた感が明らかに実感できた例です。

現状分析だけでなく、過去の振り返りとかも大いに有効だと思います。要は有り物でうまく料理するレシピをつくる工程になります。

筋トレ

これは会社でやる上で1番難しいのは、どこを鍛えていいか狙いを定めるところかと思います。

自己分析で自分の課題を見つけ、重点的に鍛えていく項目になるのですが、

要素としてはもちろん技術的なスキル面ならいくらでもネタはありますが、最終的には集中力の持続や動作速度、決断の速さやメンタルとかそういう方向になるのかな?

何か見本などを参照しながらも出力できるレベルから、咄嗟にできるレベルまでご自分を追い上げて血肉にしていく訓練をすることがこれにあたるのかな?

例えば僕はまだ咄嗟の捨てマクロをなかなか組めないので、この辺の筋力アップが課題の一つかな?

こちらは素材をよくするとか、土を耕す工程になるので、自分の能力アップに限らず、PCのスペックを良くするとかもオフシーズンの投資項目になるかと思います。

座学

これは言わずもがな、未知の領域をインストールする最初の一歩で、

  1. 知らない

  2. 知っている

  3. わかっている

  4. できる

の2段階目にする部分ですね。

もちろん4段階目に上げていくのも座学が必要になってきますが、特に2段階目に上げることに関しては着手ハードルを下げて見てください。

とはいえ、単に情報収集するしかないんですけど、昔聞いたオススメの方法があるので紹介します。新しい本やテキスト、カタログはざっと一望して、

  • 全体的にどういうことが書いてあるのか

  • どのページあたりにどういったものが書かれてあるか

インデックスをなんとなく頭に残しておく

これだけでも手を付けておくんです。

翌日以降、いざ必要な時に調べるのは時間がかかってしょうがないので、その時にあったインデックスがあるかないかで大きく速度が変わってきます。

とにかく自分の視野を広げるというか、こういうことがあるんだ、知らない→知ってる/何か聞いたことある/見た事ある程度でも良いので、0→0.1でも0.001でもいいからちょっとだけ広げるところからやってみてはいかがでしょうか?

まとめ

今回、学生時代の部活動を例にしましたが、部活から得られる教養というか教訓って他にも沢山あると思うんですよ。

自分はずっとベンチウォーマーで、試合経験なんてほぼ無いのですが、そんな自分でも十分得られる教養・教訓があったと思えるようになり、下手でも続けていて良かったと思えるようになりました。

誰しも何かしらそういった財産があると思うので、過去の自分の口やってきた事を整理・加工して、武器を増やすのオススメですので是非皆さんやってみてください。

タスク管理の目的例:自己満足度アップ

タスク管理によって効率化したところで、空いた時間に新しい仕事が補填されますよね。

補填ネタも査定に好影響を及ぼすようなものであればいいのですが、そうそうそんなものは降ってきませんし自分から提案しても結局給与アップに響きにくい・響かない等の徒労オチも少なくないと思います。

ではどうすればこの無間地獄から抜け出せるかという話ですが、

心の余裕や自己満足など、給与アップ以外のリターンを設定する、というのはいかがでしょうか?

具体的にどうアップさせていくのか

  1. 自分の満足度アップダウンの要因分析をする

  2. アップ要因増、ダウン要因減になるようなスケジュールを組む

  3. 就業時間中に業務外の時間を設ける

などです。

1,2については自分のバロメーターを知り、うまく活用する、まだ効率化みたいな部分だけで今ひとつパンチが足りないのですが、ただやる順番を組み替えるだけで割と簡単にできるのでおすすめです。ちなみに僕は終わりよければ全て良し派なので、終盤に満足度を上げる組み方をしています。

3についてはある意味資本主義の呪縛(働けば働く程より働く羽目に遭う)からの脱却方法だとすら思っていて、会社に使われるのではなく会社を使う時間を設けるということをやってみてはいかがでしょうか?

さすがに社内の設備などを使ってYouTubeに投稿する動画撮影するとかしちゃさすがにダメだと思いますが、従業員は社内リソースを自分の権限の範囲内で自由に使う権利があるんです。

働き方改革の鍵の一つはここにあるんじゃないかと思っていて、命令に従う代わりに怒られない程度に好き勝手やらせて貰う、その線引きをするためのタスク管理のあり方ってどうでしょうか?

みんなでなろうぜブラック社員!