「今さら」なんてない

「自分にもできそう」を伝播させるブログ

『インクレディブル・ファミリー』で考えさせられた3つのこと

PrimeVideoで¥100セールだったので
妻と一緒に見ました

まず、
予報外に深く作り込まれていて驚かされました!
めっちゃ面白かったです!

子育てや夫婦の話もさることながら
前作にも増して風刺的なメッセージが多数あったので
特に刺さった3つについてまとめてみました

「画面越しで済ませて自分で体験しようとしない」

この作中で最も強いメッセージだったんじゃないかな

ここまで風刺的な発言、
ディズニー映画では初めてなんじゃないか?

帰ってきたヒトラー』でも
低俗すぎるメディアコンテンツや
国の事など他人事な現代人への風刺が印象的でした。


僕自身、
ますます出不精になっている要因の一つに
スマホやPCがあれば
だいたい代替できてしまう点があります。

しかもタダもしくは遥かに安価で


「わざわざ遠出して、高いお金を出して
元を取れるのか?

どこかでそんなことを
考えてしまっているんですよね...


バブル時代を知りませんが、
そういった雑念や懸念なく、
もう少し純粋に何かを楽しむ、
ということに投資したいですね...


「ヒーローの存在が人を弱くする」

こちらも目から鱗でした。

『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』でも
ヒーロー活躍の裏での被害への言及はありましたが、

ヒーローの存在そのものが人を弱くしている
という視点は斬新でした。


自分たちに置き換えてみても

  • いつも助けてくれるリーダーに甘えて部下が育たないとか
  • 名だたる大企業に入社後、将来安泰と思い込んでいたら 20年後突然大規模リストラに遭い、次の仕事がなかなか見つからなくなるとか
  • 食べ散らかす赤子にいつまでも親が口に運んでいたらいつまで経っても自分で食べられないままとか

など、
何でも人任せにして、
その守ってくれる人や組織が崩れると
自分のことを守れなくなる
なんて例はいくらでもあります。

もっと言うと
自分では何もしない割に
被害者ぶり始める人までいますよね。


「ハイル・ヒトラー!」とは言いませんが、
色々自分事として考えなきゃなーと
身につまされました。


「正しいことでも我慢しなきゃいけない」

これは前作から引き続きのテーマでしたね

現実主義か理想主義か

マーケットインかプロダクトアウトか

能力を使うか押し殺すか


これらも自分達にも当てはまる多くの悩みです。


家庭、職場、親族、友人など
様々な役割を切り替えながら生活する中で
どこか1つでもいい、
週に1時間でもいい、
なければ追加したい、

我慢しなくて良い世界

思いきり自分を出して良い世界

自虐や復讐なんて勿体ない時間の使い方はやめることにした

最近、メンタルが不安定です。

仕事もプライベートも
色々という程色々無いにも関わらずです。

原因はひとつ、

帰省の計画や自己紹介での出身地など
自分の生い立ちに関わる情報が
チラホラ入ってくることです。

たったそれだけのことですが、
精神を掻き乱されまくっています。


生い立ち:無難な人生という牢獄に閉じ込められた25年間

僕はこの5年間、
産まれてからそれまでの約25年間を
恨み続けてきました。


幸せだったのではない
ただ無難に歩まされただけだと判ったからです

無難だったから
今、何もできないし、簡単に傷つく


何か秀でた能力がある訳でもなければ
浅くても広い守備範囲がある訳でもない

得意なことはこれまでいくつかあったけど
専門性を殺して汎用性を取る選択をされた


社会人になり、妻と出会い
ぶつかり合う中で初めて
真に外の世界を知った

それまでの25年間が虚構の、
親の見栄のための1つの駒に過ぎなかったと知った


成果主義というものさしで測れば

進学校に通わせ、
そこそこの大学に入れ、
就職、結婚、出産を経て
親子孫3代五体満足に仲良く幸せな暮らしを送る

という成果を挙げている訳だが、
その実のなんと軽薄なことか


それ以降、
依怙贔屓ばかりで二枚舌で
見てくれの良し悪しばかり着飾って
本質を躱し続ける両親への怒りと

ただ無難に過ごし、生きた心地のしない
25年間という膨大な時間への虚無感で

自分の過去への意味付けは最悪なものになった。


だから時折、
両親や地元、生い立ちに関わる情報が入ると
冷静を保てなくなる


転換:世代交代

話は今に戻って、
ここ最近の自分の不調が
息子への態度に現れてしまっていたらしい。

確かに最近、
遊び食べや試し行動、
久々の連日の夜泣きに対して
イライラすることが増えている


でも

30のおっさんですら
たかが何個か嫌なことがあるだけで
整理がつかなくなるのに
1歳児が分別なんかつくか笑

って思えたら
急に息子に申し訳なくなった


地元に関する情報にしても、
僕にとっては忌々しいものになったけど、
息子にとっては
じいちゃんばあちゃんが居るところで
パパの居たところなんだよね

って思えたら
急に息子に申し訳なくなった


今日の結論:「自分の人生」とは、自分が主人公なのではなく、主人公を割り振るのが「自分」ということ

  • 親にとって
  • 自分にとって
  • 子供にとって

カメラの向きや当て方を変えるだけで
こんなにも物事の捉え方が変わるものなんですね


親が「子供の人生」を親のモノにするのは
どうかと思うけど、

自分が「自分の人生」を子供のモノにするのは
自分の自由なんじゃないかな

そう思えたら何か楽になった気がします。


昨年の地震や台風など、
訳も分からず普段通りキャッキャと笑っている
何の力もない赤子に助けられてきましたが、

僕のおそらく一番深い闇から
救い出されることになろうとは
全く予想だにしませんでした。


これから何にでもなれる赤子の未来の邪魔しちゃダメだ

忌まわしき両親が僕へしたのと同じ障壁になっちゃダメだ

資格試験勉強に3ヶ月間取り組んでみて得られた、日々の生活に生かしたい反省と効果

まずは疲れた...
この手の頭脳疲労は久々です...

普段、いかに頭脳疲労させてないか身に染みますね...

合否も大事ですが、
こんな感じで
自分のMPや処理能力の限界
確認するイベントは良いですね

この加速度で普段の働き方を加速させてこ!


合否の感触を書いても仕方ないので、
こんな感じで久々に勉強に3ヶ月間取り組んでみて
感じたものを忘れないうちに残しておこうと思います。

所感

目的意識、モチベーションの変化

まずは勉強への身の入らなさすぎ感です笑

この資格をとったらどんないいことがあるか
という視点で考えたとき、

  1. キャリアパスへの布石
    現状、自分の部署では実務で使っていないが
    次に進みたい開発部門では多用しているようなので
    そこへのアピールになるか?

  2. 社内の人事ポイント的なものに加算

程度にはありますが、
今ひとつモチベーションキープが弱かったです...

学生時代は毎度の定期試験に対して
こんなに目的意識なんてなかったはずなのに
今よりも確実に取り組めていました。

良く言えば目的意識を持っている
悪く言えば目的志向に囚われている
といった変化(成長とは言わない)を感じました。

90分フルタイム集中はまだできる!

まずは90分という時間制限を
フルタイム全速力で駆け抜けた体力には
我ながら驚きました。

(過集中切れによる首の痛みや気持ち悪さが
試験終了直後、答案回収段階から発症しましたが...)

とはいえ
センター試験2日ぶっ通しとか
2次試験ぶっ通しで2h越えとか
今では考えられませんね...


反省

勉強体力の低下

普段の勉強時間について、
社会人になると時間を確保するのが難しい
というのもありますが、

確保したところで長時間取り組む体力が無い

昔ほどの吸収率がない

こっちの方がしんどかったです...

まだ若いのにとか言われそうですが、
こうした変化に敏感であり続けたいと
改めて痛感した3ヶ月間でした...

勉強内容の記事化はほぼできなかった

結局、資格勉強始めます投稿をした際、
「勉強したことをアウトプットすることで
理解度を深める」
という目論見は最初だけでした。。。

単に書く内容がまばらとか
書く以前の理解度の低さとか

計画は立てたがほとんど遵守できなかった

仕事でもここが課題なのですが、
列挙したものの数に圧倒されて
やる気が起きなくなってくるんですよね。。。

あとは予定通りに進まなかったときの
リスケジュールにより
さらにやる気を失います。。。

完全に脳が自分への信用を失ってる感覚です。

もっとゆるく計画立てた方が良いんだろうけど
それでも数が数だけにどうしたものか
スモールステップに分解するの苦手なんですよね。。。


今後、日々の仕事や生活に取り入れたいこと

ここまで長くなってしまったので
まとめはざっと簡単に

  1. 5~15分目安で集中タイム
    試験本番でのあの緊張感というか加速感を
    日々にも持っていきたいというのが一番です
  2. でも休憩は1hごととか
    ポモドーロ区切りで
    いちいち休憩や単純作業を入れてしまっていましたが、
    1hくらいなら休憩せずに
    作業興奮を積み重ねた方が良さげです。
  3. 終業前のラストスパートとかで集中耐久力強化
    1,2が「最適化」ならこちらは「研磨」ですね。
    鍛え直せば色々できることが増えそうだし
    多分それ自体が楽しい
  4. マインドマップでノートを作る
    これは続けていこうと思います。
    数式や使い所がマッピングされていたのは
    かなり大きかったです。

以上です。
非日常という程でもありませんが、
こうしたイベントは日々を変化させるヒントが
ゴロゴロ転がっていて良いですね

次は何やろうかな

何度目だよ GTDリトライ

きっかけはこちら

【34週目】ゆるふわアフターセブン
~はちことりんだの公開雑談~
ゲスト:小鳥遊さん!!!

久々のゆるふわセブン視聴
小鳥遊さん回とあっては聞かぬ訳にはいかぬ...

とか言っておきながら
GTDをやろうと思い立っては続かずを繰り返して
最近グズグズになっていたので、
このラジオをきっかけに
何度目かのリトライに臨みたいと思います。



タスク管理に払う面倒で、しなかった場合に被る面倒を買う

まずはここを思い出させてもらいました。

タスク管理そのものが
だんだん面倒になってきたことや
スピード感がほしさから
最近はリピートや日時が確定してる会議などを
たすくまに直接入力する程度に抑えてしまっています。

都度、各タスクに対して、
紙に書き出してざっくり整理したり
細かく自分で詰める前に雑談、相談して
お互いの脳内鮮度期限内に掘り進める
短期決戦を意識的に増やしていました。

が、

1週間、1カ月、数ヶ月スパンと
どうしてもかかってしまうプロジェクトは
議事録や前のマインドマップを見ながら
新規書き起こしするしかなく、
また面倒を被っている状態です。

またこのあたり交通整備しなきゃなー と思いつつ、
今は資格試験の勉強しなきゃだから
と言って後回しにしてしまってきました...


その資格試験もいよいよ来週なので
それが終わったらやろう、
ということにできたらよかったのですが、
衝動に駆られてフロー図を作ったり
こんなものを書き殴ってしまいました...


どうしようか迷いましたが、
1週間「気になっていること」として
脳内メモリを食われるくらいなら
と思い、
今潰しておくことにしました。

ここをいったん棚上げする技術
を身につけたいんですよね


衝動でGTDフロー図待ち受けを作成

フローが頭に入ってないこと

まずここかよ、
という超入門フェーズで忘れ去っていました...

なので
iPhoneのロック画面で見られる形
にしようと思い、
衝動で作りました。

このフロー図は既に
いくつもネット上に挙がっているのですが、
時計の位置などが被ってしまっているので
自作しました。


内容としては100%写経ですが
ちょっとこだわりポイントを2つ

  1. 黒ベースで見やすく
    目に優しく、明るい場所で見やすく

  2. 矢印を斜めにしてスピード感を持たせる
    資料作成の際のほとんどは
    カギ状コネクタをしようするのですが、
    今回は「水のように澄んだ心」の様な
    流れる感じやスピード感を得られるイメージ
    がほしいと思ったので斜めにしました。


いったん仮にこの形にしましたが、
具体的なツールなどを明示しておいた方がいい
と思ったらまた作ってみようかな

こちらの本の著者の方々は
具体的なツールレベルまで
フロー図に載せられていたのでそれに倣って

次の関門:図を作ったことで満足しないこと

なんでも毎度ここです。

タスクリストを作って満足
何か仕組みやツールを作って満足

とにかく飽き性なのと
やる気の転用癖がハンパないのです...

とはいえ仕組みや環境を整備しないと
着手ハードルが下げられないジレンマを
どう上手く飼い慣らすか

こんなのもこうやって宣言効果というか
当初の思いや根拠を残しておく作戦
試してみることにします。

怒られて頭が真っ白になる過程について考えてみた

「怒らないでください」

小鳥遊さんの記事を読んでいて、 自分にも当てはまるなぁと思ったので便乗して


ここ最近の不調の原因と思われる会議のリベンジ会が先日行われ、そこでもまぁこっぴどく一蹴されてしまったのです...

ここで怒られたわけでは無いのですが、かなり厳しいことを突きつけられ、久々に萎縮してしまっている自分がいます。

この怒られて萎縮するという反応を掘り下げてみると、

今目の前に起こっていることに対して反応しているだけではなく、過去の経験も走馬灯のように蘇ってきて、何重にも重なって四方八方から責められる、という自己増幅回路を介すことで、向こうの意図しているよりもはるかに大きなダメージをこちらが被ってしまうのです。

しかも、さらにタチが悪いのは、1つ派生した幻影がさらに派生していくような、放射状に広がっていく発散思考になってしまい、脳内メモリが埋め尽くされてしまうところです。

この過程を経て、「頭が真っ白になる(=オーバーフローする)」のでしょう。


怒られているその場では、頭の中でうまく身代わり地蔵を置いて真っ白になることは免れることができつつあるのですが、僕の場合は後からリボ払いが酷いのです。


この、マリオカートで言うゴーストというか、過去の自分の幻影を自動生成しないようにはどうしたらいいのでしょうか?


忙しくしていれば気が紛れるケースもあるのですが、今は自分で予定を詰め込もうとしても詰め込むMPが残ってなかったり、詰め込んだリストを見て辟易してしまったりという状態に陥っており、非常に生産性、密度の低い2週間を過ごしてしまっています...


小鳥遊さんが特に上手いなぁと思うのは、相手との関係構築の最初の段階で(入社時に)トリセツとして合意を取っているところです。

以前、ひらめきラジオでf太さんが仰っていたように、一度できた関係性を変更・更新するのは難しいのです。


何か、こうしたスランプを脱却する良い方法をご存知の方がおられましたら、教えていただけると嬉しいです...

『オケ老人!』と『最強のふたり』を観て、生きるとは何か考えさせられた

結論として答えは出ていないのですが、
祖父母の事とか介護とか死生観とか
モヤモヤを整理すべくつらつらと書き連ねました。

つらつら書いていく中で
ほどけていく部分もあっていいですね。



オケ老人!

Primeビデオで意外な高評価だった
オケ老人!

オケ老人! [Blu-ray]

オケ老人! [Blu-ray]

本もあるのか↓

オケ老人! (小学館文庫)

オケ老人! (小学館文庫)

めっちゃよかった。

「人生、何が起こるかわからん、ガハハハ」
と言った次のシーンでその人が死んでる
なんて衝撃のスタート


やりたくてもできない老人
できるのにやらない若者

活き活きと好きなことに打ち込む

仕事に恋にうまく行かないことだらけだから
好きなことにくらいは打ち込みたい

その姿に老いも若きも鼓舞される

色んな「生きる」様を見せて貰った。


最強のふたり

事故で全身不随の障害者とその介助者の話

最強のふたり (字幕版)

最強のふたり (字幕版)

「俺なら自殺するね」と言うと
「障害者には難しい」と切り返す

この主人公は、
同情しない、健常者と同じように扱う
野蛮な青年と出会うことで
生きがいを取り戻すことができたが、

腫れ物に触らずに
良い意味で土足で上がり込むの大事だよな、とも
生かされてるって辛いよな、とも思った。


さて、ここから少し私事を

僕の2人の祖父の話

2人とも既に他界しているが、
片方は足を悪くして歩けなくなり急速に老衰。
もう片方は癌で急逝した。


後者は毎日ジムで汗を流し、
毎晩酒を飲み、
「もっと水で割れ」と言われ、
墓の用意まで終活を終わらせ、
万全の体制での急逝だった。

最期は
スポンジに吸わせた水を「うまい」と言って逝った。


前者に対しては子供だった僕らは
「タバコなんてやめや」
と言っていたが、
親(祖父から見れば子供)たちに
「死ぬまで吸わせとき」
と言われ、死ぬまでタバコを吸い続けた。


祖母の話

問題はここ。

もう何年も前からボケてしまっている。

孫はおろか自分の子供ももう分からない。

ということが分かった当時、
夫のことだけは覚えているようだったが
今はそれさえ分かっているかどうかすら分からない。


祖母の精神世界がどんな楽園なのかは分からない。

癇癪を起こすことも増えてきたとも聞いており、
苦しんでいるかもしれない。


先日インフルエンザで死にかけた時の
死なないように祈るよう
介護する親の心境も分からない。

僕がまだ若いからなのか
性格が曲がっているからなのか分からないが、
言葉を選ばずに言うと
皆早く楽になれば良いのにと思ってしまう。


「死ぬまでタバコを吸わせておけ」
という祖父への扱いとの差はなんだろう

大事なのか大事じゃないのか

祖母が他界するといよいよ
親戚で集まる機会がなくなるからなのか

続々と孫も産まれてきている頃だし、
そろそろ世代交代してはどうか


唯物論的に済ませられない話だとは思うし、
大病という訳でもなければ
孤独死させる訳にもいかないし
色々あるんだろうけど

生きづらくて死にづらい世の中だな
と考えさせられる。


理想の「死に方」って何だろう

老衰か病気か事故か、
パッと思いつくのは病気で、
祖父の死に方は2人とも僕の中の理想に近い。

不治の病でそこそこの余命を宣告され、
意識のある内に家族に看取られてこの世を去る。


ここでタスク管理を持ち出すのはどうなのかなと思いつつも、 この余命宣告による見通しをうまく使っていきたい。

この記事の収容所の中ほどではないにせよ
今の祖母と介護者は「無期限の暫定的存在」だ。

この見通しのなさが皆を苦しめるんじゃないか
(当人達が苦しんでいるのかは分からないが)


昔では技術的に諦めるしかなかったものが
自ら白旗を挙げることができない状態になっている。

こうした葛藤から
星新一の『治安維持省』みたいな発想が
出てくるんだろうな...


「生きる」って何だろう

「生涯現役」とはよく目耳にするが、
オケ老人!』のように、
死ぬまで好きなことに打ち込めたら良いなと思う。

好き勝手穀潰しをするのとは違う

ただ楽しくまったり過ごすのもなんか違う気がする


「死に方はわかっても、生き方がわからない」

翠星のガルガンティアのセリフを思い出したところで
残課題ありで終わります。

【音ゲーから得たライフハック】スランプのドツボにハマった時の復帰方法

「潔く捨てる」

音ゲーが得意な方では決してないのですが、
久々に憂さ晴らしでやったゲームから
ヒントが得られたのでメモがてら。

潔く捨てるとは?

弾幕に翻弄されて
捌ききれなくなったノーツは

テンパった状態で
苦し紛れにワーッと押しまくるよりも

1息分くらいのダメージ覚悟で捨てて
立て直してから打ち直した方がいい。

「潔く捨てる」とは
手を止めて気持ちの切り換えを優先させることです。


ガムシャラ作戦失敗でスランプ期間を延長しまくってしまった

先週は朝活は全くできず、
仕事もプライベートも眠くて仕方の無い、
グダグダな1週間にしてしまいました。

2月末の週、
公私共に1つの山場を終えたことによる
燃え尽きが発端だと考えています。

しかし、その負け?みたいなのを受け入れられず、朝活できていた時と同じルーチンで復旧に臨み大失敗...


こういう時は
潔く1日か2日捨てて、

十分な睡眠を摂るとか
憂さ晴らしをするとか
モヤモヤを解消するとか

気持ちの切り換えを優先させておけば、7日間もスランプ期間を拡大させずに済んだかもしれません。


魔女の宅急便」を思い出した

空を飛べないスランプに陥ったキキが
絵描き屋さんからスランプ脱出法を教わるシーンです。


そういう時はジタバタするしかない
描いて、描いて、描きまくる

それでもうまくいかなかったら……

描くのをやめる

散歩したり
景色を見たり
昼寝したり
何もしない

そのうちに急に描きたくなる


紅の豚などもですが、
何気にライフハック的な明言多数のジブリ作品。
また色々見返してみようかな。

魔女の宅急便 [Blu-ray]

魔女の宅急便 [Blu-ray]


まとめ

ひとまず今回のスランプに対して
脱出法というか切替方法は
「ネタにする」ライフハックも大きいですが、
「一度体制を立て直す」
を身を以て得られて良かったです。


また、
次回以降のスランプでこの事が役立てば
今回のスランプも無駄ではなかったと
アドラー的な過去への意味付け変更ができるはずです。


とはいえ資格試験まで1月切ったので
とりあえずそこ頑張ろ