「今さら」なんてない

「自分にもできそう」を伝播させるブログ

音声入力でアウトプットの機会を増やす&質を上げる

昔の精度に辟易して敬遠していた音声入力、とあるツイートを見かけてこれはいいなと思い、試しに使い始めて今1週間ぐらいになります。

ちょっと恥ずかしいので場を選びますが、トニーがJ.A.R.V.I.Sに指示するとかみたいでかっこいいじゃないですか。

さて本題です。

感想や音声入力を使いこなせるようになるためのモチベーションについてまとめました。

音声入力を使ってみた感想

アウトプットの機会が増えた

通勤時の徒歩時間15分程度の間しかほとんど利用できていませんが、その15分が大きいです。

これまでラジオや音楽を聞いていましたが、歩きながらアウトプットできるので、ブログの下書きに大活躍です。

脳内で使ってるソフトが何か違う感じ

文字を打つと言うよりは電話とかで話してる感覚になるんですかね。

電話よりは留守電に近い感覚ですが、それともちょっと違う感じがします。

相手が目の前にないのに喋るという難しさや、話し言葉と書き言葉どちらを使うか等の不慣れ感があります。

それでもメモやたたき台を書くにはもってこいの入力速度

もちろん誤字脱字や誤変換多々ありますけど、それでも文書のたたき台を書くだけでも全然スピードが違いますね。これは是非マスターしていきたいです!

たすくまでのタスク実行中メモが捗る

タスクを実行しながらメモを取るのってPCからならともかくスマホでとるのは効率的にも見た目的にも難しいところがあるじゃないですか、、、

音声入力の速度なら多少おかしな文章でもメモが残せるのは大きいです。

モチベーションアップネタ

次世代の子らに淘汰されないように

あと、噂によると現代の若者というか子供世代は、文字入力を指ではなく音声で行うのが主流になってきたらしいじゃないですか。

その世代が大人になる頃、我々はその速度についていけなくちゃ排除されてしまうんじゃないかという危惧があり、それもモチベーションにもなってますね。

期待しているサブ効果

使ってて一番痛感する、「あー」とか「えーと」とか詰まる感じ。

対人で話すときもこういう詰まりなく端的に話せるようになれるよう練習ですね。


以上です。

今さら感満載なこのネタ、とあるクローズドコミュニティでふと呟いたところ思いの外反響があり、大変興奮しております。

その中で紹介いただいたアプリも載せておきます。

音声入力アプリ

なんとPro版はバックグラウンドでも動作するそうです!!!無料版で試して良い感じなら購入検討ですね。

音声認識メール クラウド

音声認識メール クラウド

  • Advanced Media,Inc
  • ユーティリティ
  • ¥120

こちらは入力受付の時間制限がないそうです!