「今さら」なんてない

「自分にもできそう」を伝播させるブログ

手順文章化のススメ!速く走る方法&外国語の発音練習

  • ハァ?それくらい手順書なんかいらんやろ
  • 手順書を作ることによるメリットがわからん
  • 動きながら考えろ

という考えに心当たりがある方へ

タスク管理における、
細かくサブタスクに
か分解する工程について
2つ例を紹介させてください。

速く走る方法

小学校の卒業文集の中で、
「速く走る方法」
というものを書いた
男の子がいたことを思い出しました。

足の裏のこの指先まで力を入れる
この順番、このタイミングでここに力を入れる
みたいなことが事細かに書かれていました。

特に
歩く、走るといった
生物としての基本動作は、
意識している方は
少ないんじゃないでしょうか。

そこを小学生の彼は
1手1手、
なだぎ武のように
文章化していました。

彼のそういった
無意識の行動を分析し、
運動神経とは別の言語に変換して
アウトプットすることができる
といった分解・説明能力は
今でも見習うべきだと思います。

外国語の発音練習方法

また、
僕が合唱をやっていた頃、
とあるセミナーで受けた課題
を紹介させてください。

すべての母音と子音について
喉や下口の形など 全て文章だけで動作を表現する

それによって
自分の自己理解が深まりましたし
急激に発音が良くなりました。

多くの場合、
英語の歌詞や英語の文章を読む際、
カタカナを振ってしまうんですが、
絶対やめたほうがいいです。

例えば「サ」だと
sなのかthなのかわからなければ

そもそもカタカナで表記することすら
できないものまで多々あります。

カタカナではなく発音記号を振って
その発音記号を実行するため手順(レシピ)
を自分で作成し、
意識的にそのレシピを反芻していきます。

最初、意識的にやっているうちは、
実際の発音がどうだとか
音程がどうだとか
メロディーがどうなってるのか
そんなことを考える余裕は
なくなってしまいますが、
構わずその時は発音に専念します。

すらすらと発音できるようになってきたら
ようやく次のステップです。



まとめ

重ねて申し上げますが、

  • 何か上達したい
  • 克服したい
  • 時短・省力化したい

という課題について考える際、
無意識の行動手順を
顕在化し、整理することに
フォーカスしてみて下さい。