「今さら」なんてない

「自分にもできそう」を伝播させるブログ

資格試験勉強に3ヶ月間取り組んでみて得られた、日々の生活に生かしたい反省と効果

まずは疲れた...
この手の頭脳疲労は久々です...

普段、いかに頭脳疲労させてないか身に染みますね...

合否も大事ですが、
こんな感じで
自分のMPや処理能力の限界
確認するイベントは良いですね

この加速度で普段の働き方を加速させてこ!


合否の感触を書いても仕方ないので、
こんな感じで久々に勉強に3ヶ月間取り組んでみて
感じたものを忘れないうちに残しておこうと思います。

所感

目的意識、モチベーションの変化

まずは勉強への身の入らなさすぎ感です笑

この資格をとったらどんないいことがあるか
という視点で考えたとき、

  1. キャリアパスへの布石
    現状、自分の部署では実務で使っていないが
    次に進みたい開発部門では多用しているようなので
    そこへのアピールになるか?

  2. 社内の人事ポイント的なものに加算

程度にはありますが、
今ひとつモチベーションキープが弱かったです...

学生時代は毎度の定期試験に対して
こんなに目的意識なんてなかったはずなのに
今よりも確実に取り組めていました。

良く言えば目的意識を持っている
悪く言えば目的志向に囚われている
といった変化(成長とは言わない)を感じました。

90分フルタイム集中はまだできる!

まずは90分という時間制限を
フルタイム全速力で駆け抜けた体力には
我ながら驚きました。

(過集中切れによる首の痛みや気持ち悪さが
試験終了直後、答案回収段階から発症しましたが...)

とはいえ
センター試験2日ぶっ通しとか
2次試験ぶっ通しで2h越えとか
今では考えられませんね...


反省

勉強体力の低下

普段の勉強時間について、
社会人になると時間を確保するのが難しい
というのもありますが、

確保したところで長時間取り組む体力が無い

昔ほどの吸収率がない

こっちの方がしんどかったです...

まだ若いのにとか言われそうですが、
こうした変化に敏感であり続けたいと
改めて痛感した3ヶ月間でした...

勉強内容の記事化はほぼできなかった

結局、資格勉強始めます投稿をした際、
「勉強したことをアウトプットすることで
理解度を深める」
という目論見は最初だけでした。。。

単に書く内容がまばらとか
書く以前の理解度の低さとか

計画は立てたがほとんど遵守できなかった

仕事でもここが課題なのですが、
列挙したものの数に圧倒されて
やる気が起きなくなってくるんですよね。。。

あとは予定通りに進まなかったときの
リスケジュールにより
さらにやる気を失います。。。

完全に脳が自分への信用を失ってる感覚です。

もっとゆるく計画立てた方が良いんだろうけど
それでも数が数だけにどうしたものか
スモールステップに分解するの苦手なんですよね。。。


今後、日々の仕事や生活に取り入れたいこと

ここまで長くなってしまったので
まとめはざっと簡単に

  1. 5~15分目安で集中タイム
    試験本番でのあの緊張感というか加速感を
    日々にも持っていきたいというのが一番です
  2. でも休憩は1hごととか
    ポモドーロ区切りで
    いちいち休憩や単純作業を入れてしまっていましたが、
    1hくらいなら休憩せずに
    作業興奮を積み重ねた方が良さげです。
  3. 終業前のラストスパートとかで集中耐久力強化
    1,2が「最適化」ならこちらは「研磨」ですね。
    鍛え直せば色々できることが増えそうだし
    多分それ自体が楽しい
  4. マインドマップでノートを作る
    これは続けていこうと思います。
    数式や使い所がマッピングされていたのは
    かなり大きかったです。

以上です。
非日常という程でもありませんが、
こうしたイベントは日々を変化させるヒントが
ゴロゴロ転がっていて良いですね

次は何やろうかな